自分だけの物語を!OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー)の基本情報やゲームシステムを紹介!

『OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー)』は、スクウェア・エニックスが2018年7月13日に発売したNintendo Switch用の最新RPGです。
ここでは、発売したてのOCTOPATH TRAVELERの基本情報とゲームシステムをご紹介します。

OCTOPATH TRAVELER 基本情報

ジャンルRPG
対応機種 Nintendo Switch
メーカースクウェア・エニックス
プレイ人数1

シングルプレイ専用RPGで、スクエ二が得意とする「ファンタジー色の強い」RPGとなっています。
高画質グラフィック技術が用いられていますが、キャラクターは昔懐かしの「ドット絵」で表現されていて、「昔懐かしのRPG」を楽しめる仕様になっています。
「ドット絵」や、キャラクター会話の「吹き出し」などは、スーパーファミコンで大人気だった『ロマンシングサガ』を連想させ、現代のゲームユーザーはもちろん、お父さん世代まで楽しめるゲームとなっています。

物語の展開はプレイヤー次第

このゲームには8人の主人公が用意されていて、8人それぞれにストーリーがあります。
プレイヤーはゲーム開始時に8人主人公の中から、1人を選んでそのキャラクターのシナリオを進めるのですが、何処へ行って、何をするかはプレイヤー次第となります。
物語の舞台は8人に共通していますが、シナリオはそれぞれ独立したものになっているので、「1つのゲームで8つのシナリオを楽しめる」さらには「シナリオを自由に展開できる」とイメージすればわかりやすいです。
8人の主人公はそれぞれ特徴があり、「キャラクター設定」「特技」などは8者8様です。
自分好みの主人公を選んで、独立したそれぞれのシナリオを自由に楽しめることが、このゲームの特徴であり、魅力のひとつでもあります。

リアルタイムで展開されるフィールドバトルコマンド

主人公8人はそれぞれ専用の「フィールドバトルコマンド」が与えられています。
物語を進める上のフィールド上のトラブルは、「フィールドバトルコマンド」を使って解決できようになっています。
例えば、町を脅かす悪党を退治したり、邪魔者を排除できたり、町人とバトルなどもできます。
「フィールドバトルコマンド」の内容は主人公によって様々で、それを使うか使わないかも、プレイヤー次第です。
因みに「フィールドバトルコマンド」を使わなくても物語は進行するので、トラブルをスルーすることもできます。

バトルは王道のターン制

OCTOPATH TRAVELERでのバトルは、RPGでは王道の「ターン制」が採用されています。
この「ターン制」をベースとしたバトルシステムに、独自のシステムである「コマンドブースト」を実装した形が、今作のバトルシステムになります。
「コマンドブースト」とは、ターンの経過によって溜まる「BP(ブーストポイント)」を使って、攻撃や技の威力を上げたりして、敵に大ダメージを与えることができるシステムです。
特定の条件で使える「必殺技」と、イメージしてもらえればいいと思います。
使い方によっては、劣勢が優勢になったりなど、大きなピンチを凌いだりできるので、ゲーム攻略のためには、使いこなしたいシステムです。

ドット絵と3Dグラフィックの融合

キャラクターデザインなどは、ドット絵を基本にしてデザインされていますが、このゲームは「HD-2D」という、「3DCGとドット絵を融合させたグラフィック」が使われています。
それによってドット絵のキャラクターが、3Dグラフィックで表現された世界を歩き回ると言った、この作品独特の世界観を味わうことができます。
この技術を用いたことによって、幻想的でリアリティーのある現代ゲームの世界観で、昔ながらのRPGを表現することができました。

まとめ

ここまでおすすめ最新ゲームとして『OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー)』の基本情報やゲームシステムなどをご紹介しました。
イメージ的にはやはり「ロマンシングサガ」に近い物があり、それだけでも楽しいイメージを持つことができます。
発売前から注目されていたゲームですが、現在発売直後でありながら、すでにネット上などで攻略情報が公開されており、そのことからも注目度と人気度が伺えます。
昔ながらのRPG、最新のRPGと、どちらの面も楽しめる『OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー)』は、おすすめしたいイチオシRPGです。