PS4リメイク!完全復活した龍が如く3!

『龍が如く3』は2018年8月9日に発売された、PS4用アクションRPGです。

もともとはPS3で発売された同タイトルのリメイク版で、最新のグラフィック、追加要素などを引っ提げて、完全復活しました。

ここでは『龍が如く3(PS4版)』の魅力やゲーム性を解説していきます。

    龍が如く3(PS4版)基本情報

    ジャンルアクションアドベンチャー
    メーカーセガゲームス
    発売日2018年8月9日
    定価3,990円(税別)

    PS2で発売されたセガの人気タイトル『龍が如く』の第三弾で、今作はリメイク版になります。

    PS4の性能を活かしたフルハイビジョン再生や、実在の俳優をベースに作られたキャラクターなど、よりリアルになった復活しました。

    シリーズ従来の自由度の高いゲーム性、やり込み要素、迫力のある展開など、実にやりごたえのあるゲームになっています。

     

    PS3版から変更点

    PS3版で出演していたキャバ嬢が版権問題で使えなくなり、代わりに「波多野結衣」と「桃乃木かな」の二人のセクシー女優が追加されたことくらいが、大きな変更点であり、基本的なゲーム内容とストーリーは同じなっています。

    しかしPS4版になったことで描画が向上し、よりリアルさが増して、完成度の高い龍が如く3に生まれ変わりました。

    追加要素としては「ゴルフ」「釣り」「カラオケ」「ダーツ・ビリヤード」(後術に詳細)などのミニゲームが多く追加されました。

     

    大人の魅力満載なミニゲームの数々

     

    龍が如くのもう一つの魅力として有名なのが、大人の魅力が満載なミニゲームの数々です。

    ストーリーとは別に用意された数々のミニゲームは、本編を忘れてしまうほどに完成度が高いです。

    「ゴルフ」「釣り」「カラオケ」「ダーツ・ビリヤード」などのお手軽なミニゲームから、「No.1キャバ嬢をつくろう!」といった、キャバ嬢育成ゲームまで用意されていて、本編以外にも楽しめる要素は盛りだくさんです。

    本編をクリアしてしばらく経った後でも、ミニゲーム目当てでプレイしたり、本編に行き詰まって気分転換したい時にも最適です。

     

    極道ライフを味わえる体験型ゲーム

    このゲームの特徴は何と言ってもその自由度の高さで、ゲーム内であればある程度なんでもできてしまいます。

    基本的にプレイヤーは、ゲーム内では極道をベースにした生活になりますが、「ドン・キホーテ」「松屋」「サントリー」といった、実在する企業も登場し、それらを自由に行き来することができます。

    上記のミニゲームと合わせて、ゲーム内で極道ライフを自由気ままに生活するのも、このゲームの醍醐味と言えます。

     

    忘れてはいけない本編の楽しさ

    魅力的なミニゲームや楽しみ方が満載で、ついつい忘れてしまいがちですが、龍が如く3本編も魅力的です。

    ストーリーは龍が如く2の数日後から始まり、米軍基地増加計画とリゾート開発計画や、それに関わる東城会と政治家、反対市民など、バイオレンスなストーリーを、プレイヤーは主人公である「桐生一馬」を操って進行します。

    巨大な陰謀や思惑、龍が如く3ならではの、大人な世界観をプレイヤーは堪能できます。

     

    まとめ

    ここまで『龍が如く3(PS4版)』の紹介をしました。

    相変わらずの自由度の高さとやり込み要素は逸材で、搭載された「フリーカメラ」を使ったサブクエストなど、随所に龍が如く3らしさが表現されています。

    またクリアデータの引き継ぎが可能で、それによってコンプリート収集が行いやすくなって、より一層やり込み感が増した感じがします。

    本編はもちろん、ミニゲーム、サブクエスト、コンプリー収集など、1本で長く遊ぶことができ、さらにソフトの定価も3,990円と格安です。

    『龍が如く3(PS4版)』は、是非おすすめしたい最新ゲームソフトです。