話題沸騰中のQRコード決済、LINE Payが本格始動

現金を持ち歩かずに決済が完結するキャッシュレス決済。

日本は諸外国と比較するとキャッシュレスの分野において遅れをとっており、IT企業ではスマホを用いたQRコード決済端末の開発に着手しています。

そんな中LINE Payは競合他社に先駆けて81日から展開すると公表しており、具体的な戦略に注目が集まっています。

3年間手数料無料が魅力的なLINE Pay

数多の企業がQRコード決済端末の開発に着手している中、競合他社を差し置いて一早く事業展開することを公表したLINE Pay

1番の武器は何と言っても「3年間手数料無料」という点です。

QRコード決済手数料の多くは3%台で展開している企業が多いため、期間限定とは言えど手数料を無料にしている点は魅力的です。

マイカラープログラムを上手に使えば5%のポイント付与

201861日より開始したLINE Payの新インセンティブプログラム「マイカラープログラム」。前月20までの利用金額に応じてバッジカラーが認定されます。

バッジカラーの種類によるインセンティブの内容は

  • グリーン…LINEポイント2%

  • ブルー…LINEポイント1

  • レッド…LINEポイント0.5%

  • ホワイト…LINEポイント0%

上記のようになっています。

201881日~2019731日までの間は、QRコードを用いて決済を行った場合のみ、一律で3%のポイントが付与されます。

従って、マイカラーがグリーンの方がQRコード決済を行うと、利用金額の5%分のポイントが還元される計算になります。

LINE Payで決済が可能な加盟店は?

2018731日現在、LINE Payの加盟店数は約94000箇所となっており、コンビニチェーンのローソンやカラオケ店のビッグエコー、DVDレンタル店のゲオなど、多種多様なジャンルで利用することができます。

秋にはJCBの非接触サービス「QUIC Pay+」が展開されることで約72万か所が加わる見通しです。

3年間手数料無料というビッグプログラムを用いて展開していくことで、加盟店が右肩上がりに増加していくのではと考えられています。

現在のLINE Payの加盟店はコチラ

LINE PayQRコード決済の方法は?

  1. LINEアプリを起動

  2. コード支払いをタップ

  3. 表示されたバーコードを店舗側に提示

たった3つのステップを踏むのみで決済が完了します。

普段LINEのメッセージを送る要領で決済が完了する簡易さは魅力的ですよね。

他にも印刷したQRコードをユーザーに読み取ってもらう方法もあります。

まとめ

201881日から本格的に始動するLINE PayQRコード決済に関してご紹介していきました。

現在開発に着手している競合他社がQRコード決済を展開する際には、LINE Pay以上の魅力や持ち味がないとユーザーを獲得することが難しいのではないでしょうか。

QRコード決済に魅力を感じた方、LINE Payのポイントプログラムに魅力を感じた方は是非お試しください。