再配達問題を解決!便利すぎるスマホアプリ「ウケトル」

Amazonや楽天、ヤフーなどECショップでショッピングを楽しむ機会が増えてきました。

いつでもどこでもスマホさえあれば注文が出来てしまう点が魅力的ですよね。

ただ、ネットで注文が出来る便利さは確かに魅力ですが、配送される時間が正確には分からないため、自宅に不在の時もあります。

最近問題視されているのはこの「再配達問題」です。

スマホアプリ「ウケトル」は配送ドライバーだけじゃなく、我々購入者側にも多くのメリットがあるアプリです。

是非ウケトルの仕組みを知り、利用してみましょう!

再配達問題が激化している物流業界

物流業界の配達ドライバーは、1日に1人当たり約150個の荷物を配送していると言われていることを知っていますか?

それだけ数多くの荷物を配送している中、自宅に誰もおらず再配達になってしまう件数が約30件にも上ると言われています。

これにはビックリした人もいるのではないでしょうか。

 

最近では住んでいる建物によって宅配ロッカーが設置されていますが、すぐに一杯になってしまうことから再配達の件数は減少するどころか増加傾向にありました。

 

配達する荷物の個数から再配達する荷物をパーセンテージ化すると、荷物全体の約20%にも上り、且つ1回目の再配達で荷物を受け取る人の割合が16%2回目の再配達で受け取る人が3%3回目の再配達で受け取る人の割合が1%という集計結果が出ています。

再配達の依頼をする際は、必ず日時の指定を行うにも関わらず、何度も再配達が出来なかった住宅が数多くあったというのが現状です。

スマホアプリ「ウケトル」とは?

  • 購入した商品を自動的に追跡してくれる
  • 不在票を用いずに再配達依頼が可能

ウケトル(アプリ)は、宅配会社と協力し、安定価格と安定共有を実現することをミッションとする「宅配研究会」から生まれました。

http://uketoru.net/

ウケトルアプリで出来ることは?

自宅にいなくても再配達依頼が可能

これまでは再配達の依頼をする時は不在連絡票を見ながら手続きをしていましたよね?当たり前のことですが、ウケトルアプリはその当たり前の概念を崩してくれました。

ウケトルアプリを使うことで「外出中に再配達の依頼をすることが可能」となります。

ウケトルアプリでは、配達ドライバーが手続きを行うことで、アプリに不在通知が届きます。

スマホアプリから依頼を行えば、不在票なしで再配達依頼をお願いでき、配達ドライバーに直接「この時間に配送して」と伝えることもできます。

細かい時間設定を行うことが出来るということです。

仕事が終わって帰る時にお願いすることが出来ますので、再配達依頼におけるまどろっこしさがなくなります。

荷物の自動追跡をしてくれる

Amazonや楽天なんかで買った商品は、ウケトルアプリが自動的に追跡してくれます。

これまで荷物の配達状況を確認する時は、メールやらアプリの通知やらで送られてくる番号をサイトに入力して確認する方法が主流でした。

コピペして入力するのみの単純な作業ですが、これが意外と面倒な作業。

再配達の依頼を簡単にしてくれるだけでなく、自動的に荷物の追跡をしてくれる、オートメーション化が魅力的です。

ネットショッピングしたものを一括管理

Amazon、楽天、ヤフーなんかの大手ECショップと言われている会社はこちらの3社です。

ネットで食品や家電、日用品などを購入している人がたくさんいるかと思いますが、1つのサイトに絞って購入されていますか?

それぞれのサイトで商品価格を吟味してネットショッピングを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。

ウケトルアプリでは「あの商品をもう一度買いたい!でもどのサイトで買ったっけ?」のように、記憶をさかのぼる無駄な時間を減らしてくれるんです。

というのも、ウケトルアプリをインストールし、各ECサイトと連携しておくことで、ネットショッピングした商品は全てウケトルアプリ内に保存されています。

また、FacebookTwitterLineGoogleアカウントと連携することが可能で、複数台のスマートフォンを持っていた場合でも、同じ情報を確認することが出来ます。

新しいスマートフォンを買った時なんかも、それぞれのSNSアカウントと前もって紐付けておくことで引継ぎすることが出来ます。

20188月現在、ウケトルアプリと連携可能なECショップは「Amazon」「楽天」「三越伊勢丹」「舟納豆」の4社となっています。

アカウントとの連携は簡単に行うことが出来ますし、アプリは無料ですので是非お試しください!

Youtubeに掲載されていたウケトルアプリの公式動画です

アプリだけに頼るのはやめよう!

ネットで商品を買ったとき、時間指定にしたことがある人もいますよね。

いざ指定した配達日になると、突然予定が入ったりやりたいことを思い出したりすると商品の受け取りをついつい後回しにしてしまいがちです。

それが結果的に再配達に繋がるわけですが、物流会社は毎度毎度無駄なお金がかかっているんですよ!

ガソリン代もそうだし、再配達に向かう時間があれば他の配達をすることだって出来ます。

「別に自分たちにお金がかかんないんだし良いじゃん!」という考えの人は甘いですよ!

ニュースなんかで聞いたことがある人もいるかもしれませんが、いずれ再配達にペナルティが課せられて、お金を払わなきゃいけなくなるかもしれません。

どんな形になるかまだ決まっていませんが、それだけ再配達の問題には真剣に向き合っているということなのでしょう。

ただ、「再配達にお金かけていっぱいお金搾取しちゃえば良いじゃん!」っていう考えでもないみたいですよ。

1回目の配達でちゃんと荷物を受け取った人にはエコポイントを付与するとか、職場に配達ボックスを設置して、会社でプライベートの荷物を受け取ることを可能にするとか、近所の人が代わりに受け取ってくれる方法を作るとか、まぁ色々と意見が出ています。

エコポイントが何に使えるのかとかその辺の詳しいことはまだ決まっていないので何とも言えないですが、まあ楽天とかAmazonのポイントに変換出来るようにするのでしょう。

これらのことを踏まえて言えることは、「お金稼ぎのために再配達を有料化するわけではない」ということを覚えておきましょう!

罰を与えないとダメな人間はダメなままになってしまうんです。

だから警察とか裁判所とか人を罰する、拘束する場所が国から設けられているのです。

悪いことをしなければお金を払わなくて良いわけですし、再配達が減れば物流会社もこれまで無駄にかけていた経費を削減出来るわけですし、お互いにメリットがあります。今後いつどんなタイミングで再配達が有料化されるのかは分かりませんが、いずれ有料化されるであろうというのが見解です。

まとめ

深刻化していた物流業界の再配達問題。

ウケトルアプリの普及によって企業だけでなく、ユーザーの利用満足度も向上することでしょう。

無料で利用できるウケトルアプリ、ネットショッピングが好きな方は是非お試しください。

ウケトル - 自動荷物追跡&再配達依頼をワンクリックで!

ウケトル – 自動荷物追跡&再配達依頼をワンクリックで!

株式会社ウケトル無料posted withアプリーチ