人気のスマートスピーカーのおすすめは?できることや特徴をご紹介!

スマートスピーカー とは?

ユーザーの声で操作できる アシスタントAIを搭載したスピーカーがスマートスピーカーです。

アイフォンに搭載されているSiri(シリ)や、「OK、Google」で起動するGoogleアシスタントが アシスタントAI ですが、スマートスピーカーにもそれらの機能が搭載されているわけです。

 

スマートスピーカー はなにができるの?

人に代わって「何かする」のがスマートスピーカーの役割です。

あなたが毎日インターネット検索を使った調べものを面倒だと感じたなら、スマートスピーカーに頼んで代わりに調べてもらうことができます。

また、スマートスピーカーとアクセスできる家電製品であればユーザーの望むように操作してくれます。

そのほかにもネットショッピングも代行してくれたり、忘れっぽい人のためにスケジュール管理も行ってくれます。

おすすめスピーカー3機種の価格や特徴は?

現在人気のスマートスピーカーは主に3種あり、それぞれに特徴があります。

順番にみていきましょう。

Google Home(グーグルホーム)

最大手Googleが開発したスマートスピーカーです。

Googleアシスタントによって制御され、さまざまなサポートデバイスをユーザーのボイスコマンドによってコントロールしてくれます。

特徴やできること

特に日本では「Google Play Music」「Spotify」「ネットフリックス」「ユーチューブ」「グーグルフォト」「グーグルカレンダー」あたりのサポートが大きなポイントになりそうですね。

ユーザーの声は最大6人まで聞き分けることができるため、家族全員のスケジュール管理を個々に行ってくれます。

「音楽をかけて」というと設定した音楽アプリから曲を再生してくれます。

もちろん「”曲名”をかけて」も可能。

価格

価格は15,120円とスマートスピーカーのなかでは安いほうになります。

さらに廉価版のHome Miniが6,480円と購入しやすい価格になっています。

     

    Amazon Echo(アマゾンエコー)

    スマートスピーカーの老舗Amazonの製品で、AIアシスタントのAlexa(アレクサ)を搭載しています。

     

    特徴やできること

    なんといってもAmazonプライム会員に対するサポートが大きいようです。

    ただしAmazonで買い物できる商品にはいくつか制限があるのは注意が必要です。

    その他の基本的なウェブ検索やスマート家電の操作、スケジューリングやリマインダー機能といったものにはきちんと対応しており、Google Homeとそん色ありません。

    また、音声認識はGoogle Homeと同等かそれ以上と言われています。

    アップデートも頻繁に行われており、バグ対応以外にも拡張機能の追加に積極的な印象を受けますね。

    価格

    Amazon Echoは老舗だけあってさまざまなバリエーションが用意されており、第一世代と第二世代を合せて7機種のラインアップがあります。

    標準機種のEchoは11,980円、上位機種のEcho Plusが17,980円、で廉価版のDotにいたっては5,980円という低価格です。

       

      Clova WAVE(クローバ ウェーブ)

      SNSのLINEが開発したスマートスピーカーで、LINEが浸透しきったアジアでシェア拡大を狙います。

      後発でありながら、前述の大手2機種へ迫ろうと、バッテリー内臓などのさまざまな試みを行っています。

       

      特徴やできること

      なんといってもLINEに関する機能をそのままボイスコマンドで操作できるのが特徴です。

      相手からのLINEを読み上げ、こちらからの音声入力でLINE送信ができるほか、LINEミュージックやLINEニュースといった関連サービスとの親和性と利便性があります。

      ただし、ここで使えるLINEアカウントはClova WAVE専用アカウントを取得する必要があり、既存のものは使えないので注意しましょう。

      価格

      標準機種のClova WAVEは14,000円

      廉価版は2種類あり、Clova Friendsは8,300円

      Clova Friends mini が5,400円とお手頃価格になっています。

      https://clova.line.me/clova-friends-mini/

       

      まとめ

      現在できることは限られていますが、今後はスマートスピーカーに連動するスマート家電も増えていくことでしょう。

      NatrureRemoを買えば、リモコンで操作する家電であればなんでも連携して操作することができるので是非一緒に買っておきたいです。

        また、特にAIアシスタントとして最大のシェアをもつAppleのSiriは、その搭載スマートスピーカーのHomePod(ホームポッド)の不人気に苦戦を強いられ、今後の巻き返しを狙っています。

        スマートフォンに続く世界的トレンド候補としても名前があがるスマートスピーカーの進化に期待しましょう。