熱対策にも作業負担の軽減にも!MacBookに貼るスタンド「Kick flip」

kick flip mac book スタンド

MacBook proを愛用している筆者がおすすめする「Kick flip」は、ノートパソコンのメリットはそのままに、“熱がこもる・姿勢が悪くなる”というデメリットを解決してくれるアイテムです。

この記事では、購入するに至った経緯やおすすめするポイント、使ってみた感想を交えながら“貼る”スタンド「Kick flip」をご紹介いたします。

MacBook用スタンド「Kick flip」を購入するに至った経緯

ノートパソコンは机との接地面が広いので熱がこもりやすく、重いソウトウェアを立ち上げている時や、同時に複数の作業を行っていると手が触れる箇所にまで熱が伝わってきます。

また、キーボードとモニターの距離が近いノートパソコンは、低い目線で作業をすることになるため姿勢も悪くなってしまい、角度がないキーボードのタイピングは手首への負担も相当なものです。

ノートパソコン用のスタンドを導入することも考えましたが、家でも外出先でも場所を選ばずに使えることがノートパソコンの魅力の一つだと考えているため、持ち運びが困難なスタンドの購入は躊躇していました。

そこで導入したのが“貼る”スタンド「Kick flip」です。

      「ノートパソコンユーザーが抱える悩みを解決してくれるアイテム」として話題になっていたこともあり、品薄状態が続く人気商品でしたが今では十分に流通されています。

      収納にも困らない薄いスタンド

      Kick flipは先述した通り、貼るノートパソコン用スタンドです。

      使用方法はいたって簡単で、KickflipをMacBook proの底に貼るだけ!

      MacBook pro スタンド

      MacBook pro用として13インチ向け・15インチ向けの2つが販売されていますが、底面が平らで通気口を塞ぐ心配がなければ他のノートパソコンにも使うことができます。

      kick flipをつけたままにしても気にならないほどの薄さで、MacBook用ケースにも余裕を持って収納することができるので、ノートパソコン用スタンドのデメリットである「持ち運べない」という点は、全く問題なくクリアすることができます。

      作業時はスタンドを立てるだけ

      作業するときにはkickflipの半分を起こすだけ!

      外出先でも、カバンから取り出してすぐにスタンド機能を使うことができるという点は、ノートパソコンのメリットを引き出すポイントの一つです。

      MacBook Pro スタンド

      一見するとさほど効果はなさそうな控えめなスタンドですが、キーボードに適度な角度をつけることができるため、タイピングは随分と楽になります。

      kick flip mac book スタンド

      モニターの位置はそれほど上がらないため、理想的な姿勢とまでは言えませんが、長時間の作業でも手首の負担が抑えられていることを実感できます。

      また、パソコンとデスクの間に隙間ができるので、べったりと置いていた時よりも熱の放出がスムーズになり、以前のようにMacBookが熱くなるようなこともなくなりました。

      身体的な負担だけに限らず、温度上昇を抑えることで動作も早くなり、ノートパソコンにかかる負担も抑えることができます。

      何度でも取り外し・取り付けが可能

      つけたままでも気にならない薄さではありますが、ときにはスタンドを外す必要もあると思います。

      Kick flipは吸着パッドで取り付けられているため、そんな時でも簡単に取り外すことができます。

      さらに、水洗いをすることで吸着力が復活するパッドを使用しているので、何度でも繰り返して使用することができるのもKick flipの魅力です。

      携帯性抜群のノートパソコン用スタンド

      決まった場所でしか使わないのであれば、よく見るノートパソコン用スタンドでも良いかもしれませんが、1台のノートパソコンを持ち運ぶ方にはKick flipがおすすめです。

      一度取り付けている状態に慣れてしまうと、平置きに違和感を感じてしまうほどの快適さを演出してくれます。

      もちろん作業がしやすくなるだけでなく、ノートパソコンにも身体にも負担がかからない「Kick flip」を是非お試しください!